【しもやけ.com】〜しもやけの治し方〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
simoyake21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここではしもやけの治し方について、詳しく説明していきます。

しもやけになると日常生活にも大きな影響が出るでしょう。指先の痒みは疼いて集中できないどころか、何も出来なくなってしまうかもしれません。鼻先や耳たぶに出来た場合は、見た目にも気になってしまいます。しもやけが出来た場合は出来るだけ早く治したいものです。
そこで、しもやけの治し方について効果的なものを以下にご紹介していきます。

湿布を貼る
湿布と言っても温湿布を選ぶようにして下さい。温湿布を患部全体に貼れば、温湿布の効果によって患部全体の血行を改善してくれます。指先やかかとなどは貼りやすく、すぐに効果が期待できるでしょう。ただし、耳や鼻先、頬などには貼りづらいのが難点です。

ステロイド性軟膏を塗る
痒みが強く赤く腫れている場合は、炎症を抑えるステロイド系の軟膏を塗ると良いでしょう。ステロイド性外用薬はしもやけのように、疼痛が強くついつい掻いてしまうような皮膚炎などに対し、優れた抗炎症作用を発揮してくれます。
また、しもやけが悪化して水疱が出来たり掻きすぎてただれてしまうと、そこから細菌感染をする恐れがあります。それに対しても、抗生物質が含まれるステロイドは細菌増殖を防ぐ効果が期待できます。
ステロイドは副作用が怖いという面がありますが、そういった方は非ステロイド性のものを選ぶのも一つです。ただし、ステロイド性のものに比べると効果はかなり見劣りしてしまいます。

ビタミンE、ビタミンCを摂取する
血行改善に役立つ栄養素にはビタミンEとCが代表的です。ビタミンEやCの製剤を内服するほか、食事でも積極的に取り入れるようにしましょう。
ビタミンEが多く含まれる食材は、卵やチーズ、いくらやたらこや海苔、とうがらしやかぼちゃなどが挙げられます。
ビタミンCが多く含まれる食材は、牛乳やヨーグルト、ハムやベーコン、めんたいこや海苔、赤ピーマンやゆずなどが挙げられます。


⇒ しもやけの対処法

⇒ しもやけの予防

⇒ 効果的な漢方


sponsored link



copyright©2014  【しもやけ.com】〜しもやけの対処法と治し方〜  All Rights Reserved